示談交渉の進め方

さて、交通事故に遭い、被害者になった場合に必ず、加害者との当事者同士で慰謝料を含む示談の話し合いがあります。

この示談交渉は案外難しいものです。もちろん、自分に余力があり、加害者と交渉できるというのであれば、自分自身で行うこともできます。ここで注意をしなければいけないのが、交通事故のケース次第では、保険会社が口をはさむことができない点です。

例えば、加害者も被害者もお互いに非があるのであれば、それぞれが加入している保険会社が交渉をしてくれます。万が一、加害者側が100%悪かった場合には、被害者側の保険会社は交渉することができません。要するに自分自身で、加害者の保険会社に対して、示談などの交渉をしなければいけないということです。

保険会社からはかなり低い額の示談金が提示されることが多いですが、示談金の額などは和解契約という法律に当てはまりますのでお互いが自由に決定することが可能です。被害者側も過去の交通事故判例などで同じような事故内容がないかなど調べておくことが必要でしょう。被害者側が何も調べていなければ、提示額が妥当だと勘違いしてしまい、署名してしまう恐れもあります。

また、示談の交渉はいつからでも始められて、早め早めでコンタクトを取ってくる保険会社もありますのでその動きに飲まれないように気をつける必要があります。