加害者にも考えがある

交通事故の示談交渉で気をつけなければいけない点を説明します。

慰謝料などを含む示談交渉では最終的に示談書に署名捺印することで完結します。示談金を受け取りましたので、これ以上の交渉についてはもう口をはさみません、何も文句は言いませんというのが示談した際に記入する示談書の効力です。一度でも署名してしまえば、二度と示談交渉の場には戻れません

何を意味するかですが、示談交渉の段階では、まだ通院などの治療を続けている場合も多いです。この先、治療が思うように進まずに重度の後遺障害になることも予測しておく必要もあります

また、保険での損害賠償には2年、3年と期限があります。なぜ、加害者が示談を早めたいかには理由があります。交通事故ですので被害者がいれば立派な刑事事件になります。警察での聴取や交通裁判所での審判など、加害者には多くの責任が生じますので、早い段階で示談に踏み切れていれば、それだけ被害者へ誠意をもって対処したことを十分にアピールすることができます。

これは減刑になることなど情状酌量される場合もありますので、加害者側の思惑で示談交渉がスピードを増していることもありますので、被害者側も冷静に対処することが望ましいでしょう。